既製品のガラスカッターマットがちょっと高いので自作してみた

最近使用しているカッターマットが汚れてきたので買い替えを検討しているとこんな商品が

ゴッドハンド様から販売されている「ガラスカッターマット」

マットの上にガラス素材の板?が貼られているそうで、塗料をこぼしてもシンナーですぐ拭けて汚れない。

ガラスの上でデザインナイフで切っていいの?と思うが、その程度では全然大丈夫らしい。

良い商品だとは思うが、B5サイズ…
小さめで良い人はこれを買えばよいと思うが、もう少し大きいマットが欲しいので自作しようと思います。

自作のガラスカッターマット

ということでガラスフィルムを購入して普通のマットに貼ってみます。

※今回使用したマットは100均で購入したA4サイズだが結構ペラペラなので、もう少し厚めのマットを買うのをオススメします、理由は後述

使用したガラスフィルムですが、こちらをAmazonで780円で購入しました。

Surface pro用のガラスフィルムで硬度9Hと書かれているもので安いものなら良いと思います。

これを上下左右をマスキングテープで留めて使用するだけです。

確かにカッターで切っても傷つかない!初めて使用すると押し込む感じが無いので違和感があるかもしれませんが、逆に今まで無駄な力を入れて切っていたという証拠だと思いました。

端っこでなければ塗料をこぼしても綺麗に拭きとれるし、合計880円にしては結構良いと思いました。

問題点

しばらく使用していたら短所が見つかりました。

作業机を掃除しようと塗装スペースに移動させようと持ち上げた時「しなって」割れました。

カットする際にこの線を越えなければ使用には問題は無いので、自分はこのまま使い続けますが、こうならないように最初から厚めのマットを使用すると良いと思いました。

ただそうなると値段の方も上がってしまいますけどね。

100均のペラペラの場合100+780で880円

WAVEのA4サイズのマットは厚さ3mmで約1100円ですのでガラスフィルムと合わせて約1800円となります。

値段を取るか厚さ(丈夫さ)を取るかは人によると思いますのでお好きな方で作ればいいと思います。

もちろん小さいサイズで十分な方は既製品の方がしっかりしているはずなので、そのまま購入すればよいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*